図面用表紙作成

表紙作成 Laser Printer

社内にパソコンとプリンターが無い処はありませんよね。
レーザープリンタで製本用表紙のダイヤボード・シルバーボードに工事件名など作成しましょう。 この表紙はトナーの乗りが良く仕上がりがビックリするほど綺麗ですヨ。
なお、当サイトで販売していますシルバーボードLA黒にプリンターで白文字印刷は出来ません。
インクの三原色を混ぜ合わせて白のインクは作れないのです。基本「白」は紙の色を使っているから。
白インクが装備できるプリンターがあれば問題ないでしょが、、、ネズミ色の文字列でも無理でしたね。 普通にプリント用紙に文字列を制作して貼り付けましょう。

イラストレーターやワード、エクセルなど使い慣れたアプリで大丈夫です。

A4サイズ、A3サイズの規格ものは勿論、近年、レーザープリンターでは、用紙の厚さや不定形サイズで長尺ものも、 用紙サイズを登録することでラクラクとプリントできます。お試しあれ、、

なお、ご承知と思いますが当サイトで販売していますシルバーボードLA黒に普通のプリンターでは白文字印刷は出来ません。 インクの四色を混ぜ合わせて白のインクは作れないのです。基本「白」は紙の色を使っているのでネ。。。
白インクが装備できるプリンターがあれば問題ないでしょが、ネズミ色の文字でも無理でした。 上質紙に文字を印字、カットした物をシルバーボードLA黒にのりで貼り付けるしか有りません。
図面用表紙制作のLaser Printerについて
aプリンターの用紙設定、A4規格仕上げのくるみ製本ではA3判+背幅の厚み分の寸法を指定しなければなりません。 その場合、不定形サイズを指定します。
Aプリンタメーカーによっては不定形用紙、不定形サイズ、非定形用紙、ユーザー定義用紙、 ユーザー定義サイズ、ユーザー設定用紙、カスタムサイズなどと呼ばれています。
当店表紙用紙A3大では297mm*440mmの不定形サイズを指定してください。
b 用紙の厚みですが、近年のプリンターは、300kg前後までプリント可能です。
ダイヤボード・シルバーボードの厚み凡そ135kg紙づまりの心配はありません。ドライバーに用紙種類を指定しましょう。
製本用紙の厚み指定を怠るとローラーの跡が出ます。 用紙種類を指定を怠るとトナーの載りが悪くなります。ご注意を
c背文字を入れたい場合、背幅の厚みの分、上下に2カ所づつ、短い線を薄く入れておきます。
おもて面であっても入れて於けば、千枚通しで裏に折りの筋を入れるのに便利です。